交通環境対策事業

地域バス交通

地方における公共交通の衰退、マイカー移動の増加に対し、環境負荷の軽減及び生活の足の確保のためには、地域のバス交通の活性化が重要となります。

活性化を図るためには、バス事業者と地域住民、自治体が協働し、地域のニーズに合った運行計画の策定や利用促進策を実施する必要がありますが、バス事業者の厳しい経営状況や、自治体や住民のバスに対する理解不足などにより、活性化に向けた取組みが進んでいないのが実情です。

そこで、学識経験者、行政、関係団体等からなる「地域バス交通活性化委員会(委員長:加藤博和 名古屋大学大学院環境学研究科准教授)」を設置し、地域のバス交通のあり方や活性化のための方策について検討を行うとともに、全国への普及を目指します。

お問い合わせ

公益財団法人交通エコロジー・モビリティ財団 交通環境対策部 岡本、中道
〒102-0076 東京都千代田区五番町10番地 五番町KUビル3階
TEL:03-3221-7636、FAX:03-3221-6674