このページではJavaScriptを使用しています。JavaScriptの設定がオンになっていない場合は、表示や操作が行えないことがあります。 国際会議への参加とセミナーの開催 : 公益財団法人交通エコロジー・モビリティ財団



交通環境対策事業

国際会議への参加とセミナーの開催

  • 国際会議への参加レポート
  • 国際セミナーの開催結果

COPとは

1992年、大気中の温室効果ガスの濃度を安定化させることを究極の目標とする「国連気候変動枠組条約」が採択され、世界は地球温暖化対策に世界全体で取り組んでいくことに合意しました。同条約に基づき、国連気候変動枠組条約締約国会議(COP)が1995年から毎年開催されています。

(出典:環境省ホームページより)

 

アジアEST地域フォーラムとは

アジア地域では、急速な経済発展と都市化によりモータリゼーションが進んでおり、それに伴い発生した様々な交通・環境問題に対して、早急に効果的な対策を打ち出す必要があります。環境省では、UNCRD(国連地域開発センター)と共に「アジアEST地域フォーラム」を2005年に設立し、アジア地域の特性を踏まえつつ、各国との政策対話等を通じ、アジア地域における環境的に持続可能な交通(EST:Environmentally Sustainable Transport)の実現に向けた協力を行っています。

(出典:環境省ホームページより)