新着情報

【採択結果】電動小型低速車の活用に向けた実証実験の企画募集
〜平成30年度に3地域で電動小型低速車の実証実験を実施します〜

2018年2月8日

我が国の地方における公共交通の衰退は、マイカーの増加に伴い環境負荷が増大する等の問題を引き起こしています。今後の更なる低炭素社会を見据えたときに、環境負荷の少ない電動小型低速車は、歩行者とも共存できる新たなモビリティとして、地域内における生活の足や観光地での移動手段として、その解決策の一つになることが期待されています。

エコモ財団は平成28年度から本事業に取り組み、平成26年から公道走行が可能になったゴルフカートの国内の事例調査や活用シナリオの検討、セミナー開催等を行いました。平成29年度は海外事例の調査と実証実験に向けた検討を行っています。

今般、平成30年度に実証実験の実施を希望している地域から企画を募集(平成29年8月4日から10月17日まで)し、提出された企画提案書について、当財団に設置されている「地域内や観光地における電動小型低速車の活用推進委員会」において審査した結果、以下の3地域を採択しました。

実証予定地
提案者
横浜市金沢区富岡西(神奈川県)
京浜急行電鉄株式会社
輪島市(石川県)
輪島商工会議所
松江市(島根県)
エコ×ユニバーサルな松江のまちづくりを考える会

現在、本分野に詳しい有識者やエコモ財団等による支援のもと、各実証予定地において実験の実施に向けた計画を策定しています。平成30年度はその計画に従い、実証実験を実施する予定です。

参考:電動小型低速車の活用に向けた実証実験の企画募集

AdobeReaderのサイトへのリンク

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は左のボタンをクリックしてダウンロードしてください。当財団のHPでのPDF閲覧において、最新バージョンがAdobe Reader9において完全な動作保証はできません。Adobe Reader9.3ではなく、Adobe Reader8.2のバージョンをご利用くださるようお願いします。