このページではJavaScriptを使用しています。JavaScriptの設定がオンになっていない場合は、表示や操作が行えないことがあります。 交通・観光カーボンオフセット モデル事業募集と募集説明会の開催について : 交通エコロジー・モビリティ財団



交通環境対策事業

交通・観光カーボンオフセット

平成25年度 交通・観光カーボンオフセット モデル事業の募集について

※平成25年度の募集は締め切りました
 
今年度もモデル事業を募集・支援します。
「モデル事業応募のヒント」(PDF) も参考にしていただき、応募をご検討下さい。
素案の段階でのご相談も歓迎します。
 
1.事業の目的及び概要

地球温暖化対策の一つとして、商品・サービスの利用に伴い排出される温室効果ガスを別の場所での排出削減・吸収で埋め合わせる「カーボンオフセット」という手法があります。商品・サービスの利用者または提供者が費用を負担し、別の場所で生成された排出権を購入することによって、埋め合わせを行います。※

※カーボンオフセットの意義・効果、実施企業にとってのメリット等についてはこちらをご参照下さい。

    http://www.ecomo.or.jp/environment/carbon_offset/carbonoffset_top.html

公益財団法人交通エコロジー・モビリティ財団(以下、エコモ財団)は、交通・観光分野でのカーボンオフセットの普及促進を図るため、事業者が自社商品・サービスにカーボンオフセットを導入する際の負担を軽減し、CO2排出量の算定や排出権の購入をウェブ上で可能にする「交通・観光カーボンオフセット支援システム」を平成21年度に構築し、運用しています。

本事業は、同支援システムを利用した取組みを促進するため、他の交通・観光事業者のモデルとなり得る取組みを募集し支援を行い、その普及を図ろうというものです。

2.募集内容

交通・観光カーボンオフセット支援システムを用いた、カーボンオフセットの取組みに関する事業計画で、他の交通・観光事業者のモデルとなり得るものを募集します。
ただし、当該取組みによるオフセット付き商品・サービスが平成26年1月末日までに導入(実施)できるものに限ります。

3.支援内容

以下に定義される「支援対象期間」に発生する「支援対象経費」について、「支援限度額」の範囲内で資金支援します。
(1)支援対象期間
 取組みの準備段階から、オフセット付き商品・サービスを導入して1カ月後までの期間とします。
(2)支援対象経費
 選定された事業計画を実施するために第三者に支払う経費のうち、オフセット付き商品・サービスを導入するために追加的にかかるものを対象とします。
ただし、交通・観光カーボンオフセット支援システムの年間利用料(1万円)や排出権の購入費用は除きます。
(3)支援限度額
 1事業計画につき30万円を限度とします。

4.応募資格

本事業の応募者は、交通・観光カーボンオフセット支援システムの対象となっている業界(航空、鉄道、バス、タクシー、トラック、宅配、レンタカー、旅客船、旅行、ホテル)の事業者とします。

5.応募の方法等について

募集要項に従い、応募書類を作成し、エコモ財団にお送り下さい。募集要項、応募書類は本ページ下の「募集要項・応募書類ダウンロード欄」にあります。

6.募集期間

平成25年4月17日から募集を開始し、エコモ財団ホームページの本ページで「募集締切」と掲載するまでとします。

7.選定方法

応募案件は、受付順にエコモ財団において審査、選定します。

募集要項・応募書類ダウンロード欄
  • 募集要項(PDF
  • 交通・観光カーボンオフセットモデル事業計画書【様式1】(PDFExcel
  • 交通・観光カーボンオフセットモデル事業支援対象経費内訳【様式2】(PDFExcel
 
【お問い合わせ先】
公益財団法人交通エコロジー・モビリティ財団 交通環境対策部(担当:市丸)
所在地:〒102-0076 東京都千代田区五番町10(五番町KU ビル3階)
電話:03-3221-7636
メールアドレス:carbonoffset(a)ecomo.or.jp*(a)を@に変えて送信して下さい。
 

         (ご参考)これまでモデル事業に選定された事業