バリアフリー推進事業

その他、作成した図記号について

当財団では、一見してその表現内容を理解することのできる情報提供手段として案内用図記号の検討を進めております。

優先設備、優先席関係の図記号を作成しました

2000年に125項目の標準案内用図記号を策定し、その内110項目が、2002年にJISZ8210案内用図記号となりました(現在116項目)。

その後、2006年から一般施設等でバラバラに使用されていた妊産婦、乳幼児連れ、高齢者、けが人等の図記号について検討を進め、この度新たに「高齢者」、「障害者(けが人)」、「妊産婦」、「乳幼児連れ」、「内部障害者」を優先すべき設備(立位)や席(座位)を示す図記号を作成いたしましたので、PDF版で公開させていただきます。

その後、2013年6月にISO7001に追加発行され、現在JIS化にむけて検討が進められています。最終的に図形の微修正が生じることがありますが、ご使用をご希望の方はバリアフリー推進部(03-3221-6673)までご連絡ください。

優先設備図記号

優先席図記号

オストメイトマークについて

平成13年に発行された「公共交通機関旅客施設の移動円滑化整備ガイドライン」に初めて掲載されました。

オストメイトマーク

下記よりダウンロードいただけます。

  • オストメイト用図記号とその応用例(一括ダウンロード)PDF版(668KB) EPS版(708KB)
  1. オストメイト用図記号とその応用例表紙PDF版(45KB)
  2. オストメイト図記号と多機能トイレの表示の基本形PDF版(45KB) EPS版(94KB)
  3. 多機能トイレが併設されているトイレのサイン表示例PDF版(49KB) EPS版(139KB)
  4. 多機能トイレの扉表示例(男女共用)PDF版(61KB) EPS版(124KB)
  5. 多機能トイレの扉表示例(女子用)PDF版(61KB) EPS版(119KB)
  6. 多機能トイレの扉表示例(男子用)PDF版(61KB) EPS版(119KB)
  7. 簡易型多機能便房の扉表示例PDF版(20KB) EPS版(112KB)